空から、水中を測りました【UAV搭載型グリーンレーザスキャナ】

昨年8月に導入のUAV搭載型のレーザ測深機(グリーンレーザスキャナ)を用いて取得しました、
河川の水中データを一部公開いたします。

レーザ測深機は、計測に関する設定項目が複雑で、
従来の近赤外波長を用いたレーザスキャナのように、ただ飛ばせばデータが取得できる、
といった手軽さは全くありません。

弊社の場合、水質にもよりますが概ね水深2m~3.5m程度はコンスタントに取得できております。
また取得した点群の精度は、水平位置・標高の両方において、平均値・平均値との較差・RMS誤差(データのばらつき)など、
全ての項目で10cm未満をクリアしております。
5cm未満の精度をクリアすることも、条件によっては可能です。

弊社では、国土交通省発注業務において、正式な再委託を受けての業務実施経験があり、
多くの同業者様にて三次元点群測量を実施頂けるよう、ご協力させて頂いております。

今後も、より深い水深箇所における測量を可能にすべく、日々研鑽を積んで参ります。
測量業務のご依頼、心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

 

 

※現在、新型コロナウイルス感染症対策の対応として、
オンラインでのお打合せなど積極的に対応しております。
ご不明点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

一覧へ戻る

Page Top