UAV搭載型グリーンレーザスキャナの導入

この度、8月にUAV搭載型グリーンレーザスキャナを導入しました。
このグリーンレーザにより、河床や海底などの水面下の地形測量が可能となります。

 

 

 

RIEGL VQ-840-G

弊社には既に陸地用のUAV搭載型レーザスキャナがありますが、
水中を測る波長と地上を測る波長が異なるため、この機械では水中の測量調査はできませんでした。

ですが、水中の測量調査が必要となる場面が多々あり、
ご要望の声を頂くこともあったため、今回このグリーンレーザを導入することを決めました。

陸地用と水中用のレーザスキャナの併用により、今までより幅広いニーズに応える事が出来ます。
お仕事のご要望、ご依頼等がありましたらぜひお声がけください。

一覧へ戻る

Page Top