事業情報
business

測量部門

測量部門

昨今の測量技術は、単に図面や数値データという単純なものではなく、それを基に幅広い他分野への応用が求められています。私たちは、最先端の測量機器、信頼のおけるスタッフによる測量技術で常にニーズに応えています。

測量調査
基本測量(GNSS測量・RTK測量)・精密水準測量 現地測量
道路・河川・砂防・下水道・土地等の測量業務全般
流量観測・水質調査等の調査、流下能力解析 地籍測量 GIS
地すべり観測

有資格者一覧を見る

建設コンサルタント部門

建設コンサルタント部門

社会インフラを整備するうえで中核となる各種公共事業の実施の段階で、公共団体などのアドバイザーであると同時に、技術パートナーとしてサポートする役割を担っています。無駄をなくし、環境負荷の軽減を図るとともに、地域の皆様に「安心・安全」を提供しています。

設計構造調査
計画・調査・設計、その他関連するすべての業務および施工管理
道路関係(道路、橋梁、構造物、施工計画、建設環境)
橋梁設計、補修・補強設計、橋梁調査
河川・砂防関係
下水道
地滑り、急傾斜関係
都市計画関係(都市計画・土地開発・公園)
許認可関係(都市計画法、河川法、森林法等開発許可申請、建築・確認申請)

有資格者一覧を見る

補償コンサルタント部門

補償コンサルタント部門

公共事業の円滑な実施に向け、公平・公正に合理的な補償方針に基づいて補償業務をサポートしています。

補償調査
補償調査(土地、物件、機械工作物、営業補償・特殊補償、事業損失)

有資格者一覧を見る

3次元計測サービス
(イメージング & スキャニング)

3次元計測サービス

3Dレーザスキャナやデジタルカメラを、地上およびUAV(ドローン)に設置・搭載することにより、構造物や地形を3次元点群データとして詳細に計測、3Dモデルの作成、各種図面の作成、構造物や地形の変位量の観測、土量計算等のサービスを提供します。

マイホームの引渡時などの思い出作りから、測量等の業務依頼まで、あなたの「形にしたい」にお応えします。

3次元計測サービス
3Dレーザスキャナによる3次元計測(UAV型・地上型)
UAV(ドローン)による空中写真撮影、3次元データ作成(点群等)
3Dモデル、平面図、縦横断面図の作成 i-Constructionに対応した出来形等の計測
災害現場等立ち入り困難箇所の計測・撮影
イメージング分野
静止画および動画の撮影、さらにこれらを用いた鳥瞰図・3Dデータの作成や、測量業務をおこないます。使用機材はUAVおよび、必要に応じて地上からの撮影も含みます。
レーザスキャニング分野
RIEGL製VUX-1UAVとTOPCON製GLS-2000を用いて、空中および地上からレーザスキャニングをおこないます。計測で得られた点は、その一つ一つにおいて緯度・経度・標高の値を持っており、地球上での位置を特定することができます。その精度はおおむね数ミリから数センチ。250分の1の地図上では、髪の毛1本程度の誤差です。

ドローン搭載型 高速・高精度レーザースキャニングサービス

ドローンイメージ01

測量基準で創られた唯一のドローン搭載型レーザースキャナー

専用UAVに、測量専用に設計された高性能レーザスキャナを搭載。一般に、航空レーザ測量で使用されるレーザスキャナよりも高い精度を得ることができるレーザスキャナを使用しています。
そして、測定で得られる点群の精度を決定づけるGNSS/IMUシステムは、国土交通省告示の「作業規定の準則」に規定される、航空レーザ測量システムに準拠するものを搭載しております。

また、低高度(30m~100m程度)で高速なスキャンをおこなうことにより、高密度な計測データが得られます。その数なんと、毎秒約500,000点。測定可能な点群密度は100点/㎡から最高10,000点/㎡までの計測にお応えします。
我々は、世界最高のレーザスキャナに世界最高のGNSS/IMUシステムをUAVに搭載することで、世界一高精度・高密度な【測量用3次元計測データ】を高速に取得することができるようになりました。

Specification

●UAV(ドローン)
軸間距離:1440mm
機体重量:約25kg
プロペラ直径:665mm
飛行時間:7分(電池残量50%)
(1フライトで約100,000㎡以上)
機体制御:enRoute Ridge Hawk
●レーザスキャナ:RIEGL製VUX-1UAV
アイセーフクラス:レーザクラス1
精度/確度:10mm/5mm(150m地点)
測定レート:約500,000点/秒
最大測定距離:920m(反射率60%以上のもの)
視野角:330度
●GNSS/IMUシステム:Applanix製AP20
測角精度:ロール&ピッチ 0.015度
ヘディング   0.035度
速度精度:0.01m/秒
GNSS取得レート:1Hz(1秒ごと)
IMU取得レート:200Hz(0.005秒ごと)
ドローンイメージ02

活用事例

●構造物の3D計測
高精度・高密度な3次元計測データにより、構造物も計測が可能です。近年注目されているCIMにおいても、起工前の地形データから管理すれば、一貫したCIM活用ができます。
また、既存構造物などの3次元計測データを用いて維持管理でも利用できます。
ドローンイメージ03
●伐採不要の地形測量および3次元点群データ作成
森林GIS・森林クラウドへの利活用
1発のレーザ照射で、マルチターゲットの検出が可能なこのスキャナは、樹木(樹高・林層など)と地盤の両方の検出が可能です。
地形測量のための伐採も必要なく、急傾斜地でも高効率に測量が可能です。

ドローンイメージ04
ドローンイメージ05

精度検証

ドローンイメージ06

実施場所:天竜川左岸堤防
対象面積:約870㎡
飛行高度:70m(対地高度)
計測レート:550kHz
照射点密度:6000点/㎡
検証点数:12点
(機体直下より片側水平方向110mを検証)

ドローンイメージ07

検証の結果、全検証点12点における、レーザ計測値とTS計測値のRMS誤差は
X=15.3mm, Y=9.3mm, Z=22.4mm

※計測精度はGNSSの受信状況や天候、GCP補正の有無などにより変動します。

Page Top